バイロンベイでスキューバダイビングしてきた。

2018.4

2017年にゴールドコーストでオープンウォーターライセンスを取得しました。その時お世話になったSurfers Paradise Diversで、バイロンベイのツアーがあることを知ったんです。住んでいた頃は冬の時期で行く気になれなかったけど笑 この再訪の旅はダイビング旅でもあるから、寒くても行くって決めてました!

Surfers Paradise Diversのツアーはゴールドコーストからだけど、既にバイロンにいたので、現地集合できるかと思って問い合わせてみました。が、あいにく私が希望していた日はバイロンツアーが催行されないとのことで、現地のダイブショップへ行くことに。しばらく日本語環境にいたおかげで、私の英語力はほぼ振り出しに戻りました笑 だから日本人のショップが良かったんです( ;  ; )が、勇気を出して現地のSundive Byronbayへ。ここはPADIファイブスターのお店ということで、なんとなく安心かなーと思って選びました。

泊まってるYHAから近かったので、直接予約しに行くことに。

「明日ダイビングがしたいのですが

「もちろんよ!でももしかしたら、天候が荒れて中止になるかもしれないから、その時はText(SMS)か電話するわね」

と、すぐに予約は取れました。Cカードはいつも財布に入れているからすぐに出せるけど、今回はログブックを日本に忘れるというミスを犯していたため、潜れるか心配だったんだけれども一切聞かれることなくダイビングツアーに参加できました笑

翌朝8:15ショップに集合。前日にダイバーズナンバーや緊急連絡先などは登録してあったので、すぐに準備に取り掛かります。

ガイドは笑顔の素敵なブロンドヘアの女性インストラクター。もちろん全部英語だけど、海入ったら関係ないからね。今だけがんばろって気合いを入れて臨みました。

機材は一つも持ってないから全部レンタル。準備が終わったら今回のポイントの説明を聞きます(ブリーフィング)。が!何一つとして聞き取れない!(;´д`)安全のために本当は聞いた方がいいんだけどね。

今回潜るのはバイロンベイの有名なポイント・ジュリアンズロック!マンタやシャーク、とにかくデカい魚が見れるらしい!お店からここまでは、車で5分くらいのビーチまで移動して、そこからボートに乗ります。サーファーがたくさんいる所を失礼しまーすって進んで行く。

そしてビューンと10分くらいで目的地到着!ボートが停まると波でグワングワン揺れます。これが乗り物酔いしやすい私には非常に辛い

船酔いと戦いながらセッティング。

Nikonの防水カメラを手に、いざダイブ!水温は、コンピューターないので分かりませんが、温かくはないものの震えるほどではないレベル。まずはロープをつたって降りていきます。私とバディになったスロベニア人の女性は、十何年前に潜ったっきりだそうで、「怖いわ(;´д`)」って言ってました。私もよ。もはやお互いバディの役目を果たすことなく、ただひたすらガイドさんに着いていきました。近付きすぎて何回か蹴られてマスクが取れかかったり笑 潮の流れが早くて私だけ流されたり笑 だけどもバイロンの海は噂通り面白かった‼︎魚のことをあまり勉強してないから、名前は分からないけど、大きな魚がうようよいるよ(о´)

めちゃめちゃいっぱいいるから、シャッターを切る手が止まらなかったんだけど、途中から動画が静止したり、写真が撮れなくなったりして、ついにNikonちゃんが危篤状態に(;´д`)

何度かトライしたけど、復活することはなかっただからもう己の目に焼き付けようってことで、ファインダー無しの世界へ☆マンタやらシャークやら巨大なエビちゃんやら、たーくさんの生き物が見れました(∀`*)

ガイドさんが浮上のサインを出したので、またロープをつたって浮上。海中では気づかないフリをしてたのだけど、私どうやら酔ってるボートに上がったら余計に気持ち悪くて、それをガイドさんに伝えると、「あそこにjoinする?」って指を指した方向に、既に波酔いした女性が海に浮かんでいる!!既にBCGもフィンも外してあったから、そのまま海に入るのは怖かったけど(泳げない)、身ひとつでジャポーン!!

はい、やっぱり泳げないー浮けないー沈んでくー。ウェット着てるのに。まぁ私が暴れちゃうからだってのは分かってるんですけどね。そんで暴れてたら棒状のビート板みたいなやつを投げ込んでくださったので、無事に水面に留まることができました◎

そんなことをしてる間に他のダイバーも戻ってきたので、再びボートでビーチへ。ボートが動いてる間は酔わないんだけどなぁ。この日は1ダイブしか申し込んでなかったので、お店に戻ってシャワーして帰りました。ちなみに温水シャワーです。

★機材レンタル込 $110

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください