エジプト・ダハブにダイビングライセンスを取りに行って来た。【アドバンスド・オープンウォーター】

2017.9

今回お世話になったダイビングショップは、7heaven。エジプトのダイビング情報を調べていたら、こちらの情報がたくさん出て来たのでFacebookから予約しました。ここはホテルが併設されていて、ダイビング講習中は宿泊費がなんとタダ!講習代も格安で、日本人インストラクターもいらっしゃるとの事で滞在を決めました。

ダハブの近くのシャルムエルシェイクから、7heavenさんの送迎をお願いして迎えに来ていただきました。シャルムで泊まっていた宿の従業員たちは、「ダハブへ女性1人で行くのは危険だから、ダハブ行きを止めてシャルムで潜った方がいいです。」と、止められたので、かなり不安だったのですが、無事ダハブまで辿り着くことができました。

シャルムからダハブまでの道中の景色はこんな感じです。

今まで見たこともない景色。頭の片隅に『山賊が出たらどうしよう』という不安を抱えつつ、ドキドキワクワクしながらタクシーに乗っていたのを覚えています。

そしてタクシーを降り、レセプションに向かいます。途中、日本人インストラクターさんが話しかけてくれました。「初めましてー!アドバンス取りに来た方ですよね?私この辺(レセプション付近)にいるので、何かあれば声かけてくださいねー^ ^ 」とてもハキハキしていて感じの良い女性・Sさん♡そしてレセプションに行き、鍵を受け取ります。

今回は2段ベッド3台の女性6人部屋に滞在します。しかし鍵は1部屋につき1個(O_O)部屋を出る時は必ず戸締りをするのですが、鍵をかけたらその都度フロントに預けます!しかもテーブルの上に置くだけ!笑 これがなかなか面倒だし、セキュリティ大丈夫か?と心配になるのですが、そういうルールだから仕方ない。私は大事なものはスーツケースに入れて、鍵をかけていました。もちろん貴重品は肌身離さず。他の部屋で盗難の噂もあったので、手荷物の管理はしっかりした方が良さそうです。

肝心のダイビングですが、いつからできるか聞いたところ、今日はできず、明日からになるとの事。とりあえず腹ごしらえに、この宿にある日本食レストランで昼食を摂る事に。レストランのある2階に上がると、にゃんことわんこがお出迎え。しかし犬嫌いの私は、まぁまぁデカいわんこにビビって中に入れない。すると、若い日本人のお兄ちゃんがわんこを抑えててくれて、中に入ることができました。ありがとMくん。中に入ると日本人のお客さんが数名いらっしゃり、一緒にご飯を食べました。皆さん世界一周中の方々で、ダイビングライセンス取得済みの方もいればこれから講習の方も。

そのうち1人の女性は、私と同じく既にオープンウォーター(OW)は取得済みで、ダハブではアドバンスを取る予定との事で、バディになりました。

アドバンスは頑張れば2日で取れるとの事。とにかく2日間潜りっぱなし!1日目は2本、2日目は3本だったかな。まずはOWの時と同様、基本スキルを学びます。マスクに水が入った時、エア切れの時などのおさらい。そして、コンパスを使って四角形に進んだり、あと何やったっけな…?^^;

1本目が終わり、昼食を摂る事に。近くのレストランに入り、1時間の休憩。エジプトのレストランは、毎回パンがつくのかな?それにつけるソースもついてくる。

バディのAさんとは同年代。お互い仕事を辞めて海外に来ているため、その解放感と、ダハブのゆったりした空気感が最高だといつも話してました(´∀`)

そして昼食を終え、午後の2本目。今度はポイントを変えて潜ります。私は中性浮力をコントロールするのが非常に苦手で、泳ぎも下手くそ。私の後ろを泳ぐAさんに知らぬ間にキックしていたようで、そのおかげでマスクが取れたというのは後で知った事(;´д`)本当ごめんなさい

ダイビングが終わり、その日の振り返りの際には「ちゃんと周りを見ようね~」とご指摘いただきました(◞‸◟)誠に申し訳ございません。

続いて2日目。初日のように新しいことを覚えるのではなく、2本潜るだけというシンプルな内容。ただし!今回初めて30mの深さまで潜るので、泳げない私は不安の方が大きい!(;´д`)

今回のポイントは宿から少し離れたところなので、車に機材を積んで移動します。ランチは向こうで食べるのでランチ代とタオル、ミネラルウォーターも持って行きました。海に近付いてくると、ラクダの姿が♡エジプト入りする前はモロッコ・サハラ砂漠でラクダに乗ったのですが、なんだかエジプトのラクダは上品に見えますね。

2日目の様子はまた後日アップします!

ランキング参加中♡

応援よろしくお願いします(*´∀`*)

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

にほんブログ村

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください