秋田・小安峡|女ひとり旅|「稲住温泉」と「旅館 多郎兵衛」で何もしない贅沢時間♡

国内旅行
スポンサーリンク

渓谷から熱湯と湯気が噴き出し、大地のパワーを感じられる「小安峡大噴湯」。秋田出身者ながら、そんなSUGOI場所があることを知らずに生きてきて、お恥ずかしい限りです。。今回は、小安峡周辺に泊まりたかった宿があるので、行きたい場所を詰め込んでひとり旅してきました!

一軒目は「稲住温泉」さん。そして、もう一軒は「旅館 多郎兵衛」さん。ありがたいことに、ブログへの掲載を許可してくださったので、館内の写真を撮らせていただくことができました。ありがとうございます!

今回は、泊まった宿と周辺の観光地やアクセスをまとめていきます。

スポンサーリンク

秋田湯沢ひとり旅1日目

JR奥羽本線で横堀駅へ

まずはJR奥羽本線に乗り、横堀駅へ向かいます。

1日目にお世話になるのは「稲住温泉」さん!ひとりで泊まるには、ちょっと高級すぎかな?と思いましたが、秋田県民の味方「県民割」を使って¥5,000引きで泊まれるので行くしかない。

稲住温泉さんは、事前予約をしておくと横堀駅までお迎えに来てくれます♡今回はネット予約で、備考欄に「横堀駅から送迎希望」と入力していたら、前日に確認のお電話をくださいました。

「道の駅おがち」でひとやすみ

送迎の時間まで余裕があったので、横堀駅周辺をお散歩♪まずは「道の駅おがち」へ。お土産屋やレストラン、観光案内所など、施設が充実しています。

シャワー室もあったので、旅人や長距離運転をされる方には、立ち寄り必須スポットなのではないでしょうか。

道の駅おがちは横堀駅から徒歩でおよそ15分の距離ですが、この日は35℃越えの猛暑日で干からびかけました…東京に住んでいた頃「秋田は夏も涼しそうでいいねぇ」なんてよく言われましたが、とんでもないことです。冬は鬼寒く、夏は鬼暑いのが秋田です。

道の駅でお水と男鹿の塩を買って、身体を潤しました。

「珈琲焙煎工房バルーガ」で遅めのランチ

送迎までまだまだ時間があったので、お茶でもしようかなと、Googleマップで検索したところ、JR横堀から徒歩約10分くらいのところに喫茶店を発見。道の駅おがちからも徒歩約7分と近そうだったので、時間までこちらで過ごすことに。

珈琲焙煎工房バルーガ

フッサフサにおがった(おがる・・・秋田弁で「成長する」「大きくなる」の意)(”フサフサに育った”と言いたかった)田んぼ沿いに歩くと、突如「旅人の道しるべ」という素敵な看板が‼

珈琲焙煎工房バルーガ

閉店まで1時間弱でしたが、飲み物だけいただこうと思い、入店したのが「珈琲焙煎工房バルーガ」さん。

飲み物だけ…と思っていたのですが、メニューを見たら、なんともおいしそうなランチセットが目に入り、思わず頼んでしまいました。

こちらは「三角プレッツェルのサンド」。パイのような不思議な食感で、中にはふわふわの玉子やベーコンが入っています。コーヒーはあまり詳しくないので、「酸味の少ないやつで」とオーダー。正直、コーヒーはあまり得意ではないのですが、飲みやすくて美味しかったです!セットのスープもホッとするお味で、幸福度の高い時間を過ごすことができました♡

内装はどこか懐かしく、落ち着く空間です。

ここでゆっくりしすぎて、気付いたら送迎時間!スーツケースを転がしながら、横堀駅まで走りました!!

珈琲焙煎工房バルーガさんのHPはこちら

稲住温泉に到着

のどかな田舎の景色を楽しみながら、バスに揺られること約20分。「秋ノ宮温泉郷 湯けむりの宿 稲住温泉」に無事到着しました!

送迎バスを降りると、すぐにお迎えのスタッフの方が来て荷物を持ってくださり、館内へ案内されました。靴を脱いで上がり、ラウンジに通され、ウェルカムドリンクをいただきます♡ドリンクは、温かいお茶と、冷たい何か(すみません、忘れました…)から選べ、温かいお茶に。

今回は県民割の手続きなど、記入する用紙がたくさんありましたが、お気遣いいただき、ゆっくりと記入することができました。書き終わると、館内を説明しながら案内してくださいます。普段はビジネスホテルに泊まることが多いので、こういったおもてなしを受ける機会は少なく、本当に嬉しく感じました。

稲住温泉の客室ルームツアー

この日泊まったお部屋は、ふかふかベッドのツインルーム。ホテルの真っ白いリネンって、気持ちいいですよね♡ベッドがくっついてると、あいだに足を入れたくなるのは私だけでしょうか。

入り口から順に見ていきましょう。お部屋に入ると、まずクローゼットとミニバー的なコーナーが。

電気ケトルがおしゃれ。

クローゼットは、洋服や小物をたっぷり収納できそうな大きさ。連泊できるなら、ここにお気に入りの洋服たちをたくさん並べたいですね♡

取っ手がかわいい貴重品ボックス。どこもかしこも木のぬくもりが感じられます。

このフワフワのタオルを、可愛い湯かごに入れて、温泉に持って行くんだって♡思わずスキップしちゃいそう♪

作務衣と湯足袋。館内は靴を脱いで裸足で過ごせるので、解放感があります。

え、プレモルが無料…?

冷蔵庫を開けると、なんと無料のビールが‼「これ、無料で飲んでいいんですか?」と確認すると、「もちろんです。大浴場の前にも缶チューハイがあるので、そちらもお召し上がりいただけますよ。」と…。

さすがリゾート温泉宿、恐るべし。

扉を開けると、中はこんな感じ。ツインルームかと思いきや、奥にもベッドがありました。家族連れや、友達同士で泊まるのもいいですね。

テーブルの上には、お菓子が用意されていました。人気の「醤油マカロン」が、稲住温泉ラベルになっている!!そして、秋田銘菓の「もろこし」も。ルームツアーを終えたら、ゆっくりいただこうかな♡

窓際のデスクは電源が近くて作業しやすかったです。今回は裏テーマが「ワーケーション」だったので、PCを持ってきていました。が、PCを開いて早々にプレモルの誘惑に負け、結局十数分の作業でポンコツと化しました…

もしもワーケーションの「ワーク」がちゃんとできていたなら、デスクから見える素晴らしい景色を見ながら休憩したんだろうな。プレモルを開けた時点で、もうバケーションに振り切ろうと覚悟を決めました。

デスク横の扉は、バスルームに繋がっています。こちらもおしゃれな造り。

アメニティは、メイク落とし、洗顔フォーム、化粧水、乳液がそろっているので、スキンケア用品を忘れちゃっても安心です。その他、綿棒、ヘアブラシ、ヘアゴムもありました!

洗面所の横には、外の光が降り注ぐバスルームもあったので、万が一温泉に入れなくなってしまっても大丈夫!とはいえ、こちらのバスルームは温泉ではないので、せっかくなら温泉に入りたいですよね。体調をしっかり整えてきて良かった。

お手洗いも木のぬくもり溢れる落ち着く空間。あぁ、きれい、最高。水回りがきれいなだけで、ホテルステイは優勝確実です。

ひと通りルームツアーを終えたら、次は館内ツアーへ出掛けましょう♪(もちろんひとり)

稲住温泉の館内を見ていこう

稲住温泉の貸切風呂

じゃーん!!こちらは楽しみにしていた貸切風呂!青々とした木々から抜ける風を感じながらの入浴。。極楽です。こんな贅沢をひとりで味わっちゃっていいのでしょうか。若干の罪悪感と戦いながらも、しっかり満喫いたしました。

温泉の前には、広々としたお休み処。マッサージチェアや無料のドリンク、喫煙ルームなどがあります。

お風呂上りに嬉しいアイスも無料…!

こちらは好きな枕を選べる枕バー。ホテルの枕って私には高すぎることが多くて、朝起きると大体頭の上にある。だから、好きな高さと感触の枕を探せるのはすごーくありがたいです♡

夜はラウンジが食堂へ変わります。

今回は素泊まりのため、お食事は夜鳴きそばのみ。しかし、これが美味しくて美味しくて。小腹の空いた夜中にはちょうどいい量で大満足です◎

2日目

「こまちシャトル」に乗って小安峡へ

翌朝、7時頃にチェックアウトして、歩いて10分くらいのバス停へ向かいます。小安峡方面へ向かうシャトルバスに乗るのだ。乗用車タクシーが迎えに来てくれて、山道を進んでいきます。運転手さんのお話が面白くてあっという間。

川原毛地獄

乗客は私だけだったからか、「川原毛地獄」付近で「写真撮る?」と下ろしてくれました。マスクの中にゆで卵ぶち込まれたような強烈な硫黄のかほり。この先の滝は、水着で入れるようになっているらしく、夏は家族連れや若者で賑わうんだとか。温泉と混ざってあったかいんだって!

川原毛地獄撮影を終え、泥湯温泉を越えたら、ついに、小安峡のバス停に到着!道路を挟んで向かいは小安峡への入り口です。

「旅館 多郎兵衛」に荷物を預ける

バス停から10分ほど真っすぐ歩くと、「旅館 多郎兵衛」にたどり着きます。

宿の後方にモクモクと湯けむり?が上がっているので、すぐに分かりますよ。チェックインの時間まではまだまだ時間があるので、荷物だけ預かっていただきます。そして今回のメイン・小安峡大噴湯に向かいます!

と、旅館を出ると目の前に足湯が!これは入るしかない。

小安峡周辺には、たくさんの足湯コーナーがあるみたい。これだけで湯めぐり気分が味わえますね。

足湯に浸かってスッキリしたところで、地獄の階段を下っていきますよ。小安峡大噴湯へは、さっきのバス停前からも行けるんだけど、個人的には反対のこっちの階段から下った方が楽な気がする。

お―――――!!これだよ、これ!見たかった景色!湯気がもくもく。

「旅館 多郎兵衛」 の館内を探索

極力お部屋に入らないようにというご配慮からか、初めから布団が敷いてありました。早起きしたためかすごく眠くて、さっそくお昼寝。。 その前に、客室ルームツアー。今回は「和室12畳 中庭が見えるベランダ付」のお部屋です。

洗面台には、大充実のアメニティ!

POLAのaroma essの化粧品たち。綿棒・コットン・カミソリ・ブラシなど、必要なものは全て揃っている!

秋田県湯沢市は魅力いっぱいだった♡

今回は秋ノ宮温泉郷と小安峡周辺を2泊3日で探索しました。その他にも、泥湯温泉や川原毛地獄など、もっともっと見たい場所が増えちゃったので、また別の機会に遊びに来ようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました