タスマニアでワーホリ再開![オーストラリアでギリホリ]

2018.

なぜ私がオーストラリアワーホリの滞在先をタスマニアにしたかというと、

1.オーロラを見ることができる可能性があるから

2.ジブリ映画のモデルと噂になっている場所があるから

3.12月~1月はチェリーが大量に採れて儲かると聞いたから(タスマニアドリームと呼ばれるらしい)

という好条件が揃ったからです。

ちなみに1のオーロラはhttp://www.aurora-service.net/aurora-forecast/ で毎日チェックしてます。

 

11月半ばにカザフスタンから帰ってきて、ぼっけぇ~としてたら、あっという間に12月(°_°)年末は航空券高いから、払えるギリギリのところを攻めた結果、出発日は1218日(日・大安)に決定!

そして20171219日初めてタスマニアに降り立ちました。

成田からメルボルン経由で16時間35分。Expedia¥63,990

その日はちょうどカンタス航空70周年記念の日だからって特にサービスとかなかったけどね。「この記念すべき日にご搭乗ありがとうございます。」って言われただけ。

 

カンタスの機内はこんな感じ。

機内食

20175月にワーキングホリデーをスタートし、一度は生活した事があったオーストラリア。一時帰国してからは、モロッコ、エジプト、カザフ、ロシアと、ちょっと治安的にどうなの?という国を旅していたおかげで、タスマニア着いた時の安心感ったら。そして感動もなく、無。「あ、着いた。」って。

 

今まで旅先で出会った世界一周旅行者の方々から「モスクとか教会は見過ぎて飽きたよ」ってよく聞いていたけど、それと似たような感覚なのかな?横断歩道の信号の音とか、coles(オーストラリアにあるスーパーマーケット)のピザとか、懐かしくて嬉しいけど、新鮮味はなく無。

 

結構感動体質のはずだったんだけどな。

思ったよりワクワク感がないままスタートしたオーストラリアワーホリ第2部。それでも楽しみだったのは、今回滞在するバックパッカーズ!

リトルデビルバックパッカーズ

タスマニアでチェリーの仕事をするにはどうしたらいいか、Google先生に聞いたところ、こちらのバッパーの情報がたくさん出てきたのです。このバッパーは、仕事を無料で斡旋してくれるとのこと♡

 

さらに、私の心を躍らせたのはチェリーシーズンはドミトリーが満室になるらしく、キャンプサイトにテントを張って生活するらしいです😍そんなの絶対楽しいじゃないか♡

 

テント暮らしなんて、この先できるか分からないし、「タスマニアでドリーム掴んだっ♡」て言いたいし、もう即決。君に決めた。

 

本当はタスマニア到着日にチェックインしたかっったのですが、私がバッパーに到着する予定の時間帯はレセプションが閉まっているというのと、テントは自分で持っていかなきゃいけないんだけど、バッパーの近くでは売っていないそう。だからチェックインは翌日にして、到着日はテント生活で使うものを買うためにホバートに滞在する事にしました。

 

空港からホバート市内まではバスで$18。予約は特に必要なく、空港出てすぐのバス乗り場から乗れました。滞在するバッパーの名前を伝えて、現金でお支払い。約20分でホテルの近くまで到着。そこから歩いて約5分。今回1泊するバッパーはTassie backpackers

 

前にダーウィンで泊まったバッパーの受付のおばちゃんに、私の英語が下手すぎて「英語がわからなかったらコミュニケーションとれないじゃないの!!💢」と強い口調で言われてから、英語恐怖症になってしまって、正直あんまり英語喋りたくない

 

そんな恐怖心を抱えながら着いたこちらのバッパー。ビクビクしていたけど、受付のお姉さんがまぁ優しいのなんのって!!!😭英語わかんなくて何回か聞き直したけど、わかるまで説明してくれました😭しかも私の30kgくらいあるスーツケースを2階まで運んでくれて、「No worries!」って超優しいの!!♡

 

優しいお姉さんのおかげで無事にチェックインできたので、早速お買い物!テントなんて買った事ないから、どこに売ってるかもわからず、とりあえず近くのTargetへ。隅々まで探してみたけど無くて、頼りのGoogle先生に聞いてみました。

 

Anacondaというアウトドアショップがあるらしく、そこまでバスで行く事にしました。1番近くのバス停から20分くらいで着くとのこと。

オーストラリアのバスは、停車場をいちいちアナウンスしないから、「ここで降りたいんだ」ってGoogle Map見せてあらかじめ伝えておいたのです。Mapで現在地を確認しながらバスに乗っていて、近くなったからブザー押したのだけど止まってくれず運転手さんにもっかいMap見せたら、もっと先だと言うから大人しく乗ってたんです。でも1時間経っても着かなくて、とうとう終点まで着ちゃった

また運転手さんに聞きに言ったら、「そこはもう通り過ぎたよ」って😦

えーーー

まぁ、途中で気づいてたんだけどね。でも引き返せないだろうと思って私は諦めたんですよ。そしてどうしたら良いか聞いたら、そこまで戻ってくれるとのこと。結局20分で着くところ1時間半かかって到着。

もう18時半だから、本当なら閉まってる時間帯だったんだけど、クリスマス前で営業時間伸びてたから何とか入れた!だけど本格アウトドアのお店だから、ちょっとお高めの印象。2人用テントが1番安くて$35くらい。なのでK-martも見てから決める事に。

 

そこからK-martまではもうバスが出てなくて、仕方なくuberを使う事に。AnacondaからK-martまで約10分。$20.40。高っ

K-martではすんなりテントが見つかり、何と$14!これは買いでしょ!あとは床に敷くキルティングのマット$35とブランケット$5を購入。今思えば、ここでブランケット代をケチるべきではなかった…$5のブランケットは極薄なのです😭タスマニアの朝晩の寒さ、なめてたぜ。あと、必需品の寝袋は楽天で購入して日本から持ってきたので今回は購入せず。

何やかんや初期費用かかりますねー。その分稼がないと。

 

無事買い物終わってバッパーまではバス。

 

そして翌日、いよいよLittle devil backpackersへ!バスでおよそ35分。片道$10。バッパーの目の前に到着。

ピザ屋さんの奥に進んで行くと、住人と思しき方々が笑顔でこっちに手を振ってくれてる!そして私の方に寄ってきて、「手伝おうか?」と荷物を持ってレセプションまで案内してくれた!!!

タスマニア、優しい人しかいないの?

 

そしてチェックイン。デポジットが$200かかるらしく、現金持ってなかったから後払いに。そして規約を読んで書類にサイン。テントはあっちだよって雑な説明だけ受けて、キャンプサイトへ。ほぼ埋まってて、キッチンに1番ちかい所しか空いてない出入りが見えるのってなんか抵抗あるなと思いつつ、そこしか空いてなかったから、止むを得ずテントを設置する事に。

 

さぁ、どうやって組み立てるのか?説明書見ながら格闘してたら、Frenchの男性が「手伝うよ?」って😍もう、本当みんなジェントル!!♡即行出来上がったよ私のすみか♡ もう来ただけで疲れてしまって、初日は荷物整理して、16時くらいに眠りに着きましたよ。それにしても賑やかだな

仕事探しについてはまた書きます。

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください