台湾で買った生理用パンツで2日目の夜も熟睡♡

台湾

2019年9月に行った台湾旅。この旅のミッションの1つ。それは…生理用品を買ってくること‼

とあるネット記事で見つけた、Made in 台湾のサニタリーショーツと月経カップ。これらが可愛くて超優秀とのことで、買える場所や使い方などをご紹介していきます!

なぜ台湾で生理用品?

吸水ショーツや月経カップが認知され始めた日本。しかし、2019年はまだまだ知らない人が多く、国内市場もかなり小さかったのです。

今回購入する生理用品のひとつであるフルムーンガールは、2017年に台湾で発売された月経カップ。月経カップとは、シリコン素材などでできたカップを膣内に挿入し、経血を受け止めてくれる新しいタイプの生理用品です。よく、「第三の生理用品」なんて言われたりします。

欧米では広まっていたようですが、このフルムーンガールは、なんとアジアで初めて作られた月経カップだそうです!

台湾ラバーなわたくしは、そんな記念すべき製品が台湾で売られていることに非常に喜びを感じました。

すでに日本に上陸し、ポップアップショップなどもオープンしていましたが、台湾に行く予定があったので、現地で購入してきました!

 

 

ムーンパンツはどこで買える?

今回は、台湾のドラッグストアで購入しました。

今は日本でも「コスメキッチン」などで購入できます。

ムーンパンツのデメリット

洗うのが面倒

面倒くさがりさんには辛いかもしれません。ナプキンやタンポンなら洗わなくていいですからね。

だけど、使い捨てのものって、ちょっと罪悪感を感じてしまいます。

作られた製品が、たった数時間の使用でゴミになる。しかも1個ではなく、1日に何個も。

一生を考えたら、相当なゴミを出してしまうことになります…

そもそも選択肢がナプキンかタンポンしかなかったので仕方ないっちゃ仕方ないんですけど。いや、もしかしたら、あったのかもしれないけど、知る術がなかった。先生や親や、ティーン向けの雑誌も教えてくれなかった。きっと先生や親も知らなかった。

今まではタブーとされていた生理の話を、しやすい環境になりつつある近年。ネット検索やSNSなどから、素敵な情報を得られる今の時代に感謝!

おかげで洗濯の面倒臭さ以上の快適さを手に入れることができました。

黒だと裏表がわかりにくい

私が購入したのは黒いショーツです。中の吸水生地部分も黒で、ぜーんぶがまっくろ。

薄暗いお風呂場などだと、どっちが肌に触れる部分か、見分けにくいことがあります。

最近はピンクやブルーなど、カラーバリエーションも増えているので、次に買い足すときはカラフルにしてみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました